ETCを使うためには

高速道路の料金所が混雑していてなかなか進まないとイライラしたことがある人は多いのではないでしょうか。

最近ではETCが設置されるようになり、精算がスムーズに行えるようになっています。

そのため混雑することは減ってきたようです。

ETCは車に設置しておくだけで通行料金が支払えるシステムです。

これを使うために必要なことをまとめておきます。

ETCシステムを使うためには、まずETCカードが必要となるのでこれを申し込みます。

ETCカードはクレジットカード会社が発行しています。

クレジットカードを持っているなら、そのカード会社に連絡してETCカードを申し込みます。

クレジットカードを持っているのであれば、問題なくETCカードが発行されます。

クレジットカードを持っていないなら、まずはクレジットカードを作り、そのカード会社からETCカード追加発行してもらいます。

ETCカードの申し込みが済んだらETC車載器を購入して取り付けます。

ETCカードとETC車載器はセットで使うものなので、必ず両方用意してくださいね。

また、ETC車載器はセットアップが必要となります。

セットアップとは使う車の情報、ナンバープレートなどを入力することです。

セットアップされていない車載器は使えませんので注意してくださいね。

ETC車載器のセットアップは、個人ではできません。

車載器を購入したお店ならたいていセットアップはできるでしょうからしてもらいましょう。

セットアップも登録店しかできませんので、車載器をネット通販などで購入した場合はセットアップ登録店に持って行ってしてもらうことになります。